安心してコンタクトレンズを使用するための方法!

コンタクトレンズに慣れる為に

初めてコンタクトレンズを装用する場合、必ずと言って良いほどゴロゴロとした異物感を感じます。
しかしながらずっと異物感が続く訳ではありません。
ある程度の期間で慣れる事ができますが、大体2週間前後もすれば大抵の方は快適に装用できるようになるようです。
慣れるまでに注意したいポイントがありますが、まず最初から長時間の装用は控えた方が良いでしょう。
無理に装用すると頭痛などの原因になりますし、目も疲れてしまいます。
少しずつ馴染ませていく事が大切ですので、無理な装用には注意が必要です。
装用時間を少しずつ伸ばすのもポイントです。
毎日装用する事で日ごとに装用時間が長くなっても違和感を感じ難くなります。
また、疲れを感じた時にいつでも外せるようにケースを持ち歩いておくと安心です。
このように着実に馴染ませていけば違和感も無くなるのですが、もし違和感が無くならない場合はコンタクトレンズが目に合っていない可能性もありますので、眼科で相談してみた方が良いでしょう。

コンタクトレンズ着用への慣れは時間が解決します

初めてコンタクトレンズを着用する人の多くが最初に悩む問題として代表的なものは、やはり着用時の違和感や痛みとなるでしょう。
これにはコンタクトそのものへの異物感が始めのうちには取れにくく、またコンタクトの脱着やメンテナンスも乱雑となりがちであり、容易にレンズを傷付けてしまう事により起こるケースが多いのです。
このうち後者に関しては日頃からレンズの脱着や擦り洗いの練習によって、傷付けない扱い方を学び解決する事が出来ますが、前者に関しては慣れの要素が大きくなってきます。
コンタクトの着け始めは誰でも結構目に滲みるものです。
ですがこれも何度も同じ事を繰り返すうちに、やがて目薬を点した時の様な快感となって受け止められる様になるものです。
またレンズ自体、あるいは装着の仕方に問題が無ければ、その後速やかに滲みる感触は消え、着用している事さえ全く忘れてしまう程に違和感を感じなくなってくる筈です。
仮に何カ月もこうした使用法を繰り返しても慣れず、違和感や痛みが消えない場合、根本的にコンタクトレンズとの相性が悪いと考え、別の視力矯正法を模索すべきでしょう。

おすすめWEBサイト 5選

中国語教室について神田で調べる

最終更新日:2018/6/5

『コンタクトレンズ 慣れる』
最新ツイート


上へ▲